転職で収入を増やす

転職して収入を増やしたいばあい、同業種で給与の良いところに行ったほうが、経験が生かせるので、良いように思います。

 

しかし業界全体として、見込みがない場合、たとえば少子高齢化で需要が減り、今後伸びていきそうもない職種であったら、

 

異業種への転職のほうが、収入を増やせる可能性がありそうだと考えられます。

 

異業種への転職は難しいのか?

今の仕事に不満を持っている人はたくさんいます。

 

収入や労働時間、労働環境や、福利厚生などに不満であるというだけならば、

 

同じ業種で経験のある仕事の方が転職も楽な場合も多いでしょう。

 

しかし、スキルアップが望めない仕事への不満や、本当は他の職種に就きたいなどの望みのある場合はどうしたら良いのでしょぅか?

 

やっぱり、全くの異業種では、転職したくても受け入れてもらえないのではないか?と思ってしまうことでしょう。

 

たとえば飲食業から、IT企業に転職したいとか、小売業から、医療関係に就職したいとか・・・

 

介護職から、製造業に転職したいかと・・・

 

より求めるものは違うと思いますが、けしてそれらが不可能な訳ではありません。

 

もし、少しでもスキルや資格を学んでからと言うのであれば、雇用保険加入者であれば教育訓練給付金を貰らうという方法で、

 

対象になっているスキルや資格を取得してから転職という方法もあります。

 

しかし、勉強している、資格を取っているような時間がないような場合も多いことでしょう。

 

特にブッラク職場や、休日出勤が当たり前、サービス残業は当たり前・・・

 

なんて厳しい労働環境の中にあれば、勉強する時間なんて取れません。

 

今すぐ、新しい職場に転職したいと思うことでしょう。

 

でも、たいていの場合、求人誌とにらめっこのまま先に進めないと言う人は多いようです。

 

もっとも、退職せずに、仕事をしながら就活をするというのは、ブラックな職場であればあるほど大変です。

 

現実的に、そんな余裕はないでしょう。

 

だからといって、退職してしまったら、雇用保険を直ぐもらえませんし、もらえたとしても、その間に就職できるとは限りません。

 

だからとても不安で、簡単には仕事は辞められません。

 

とかく家族があれば、退職して就活するというのはリスクが高いですよね。

 

そんな場合は、自分で動くのではなく、転職を手伝ってくれるサービスの利用を考えるべきです。

 

転職先を探すだけでなく、面接の対応や、求人先とのアポなど取ってくれるエージェントを導入しているサービスなでもあります。

 

そうであれば、今の職を続けながら就活できるので、焦らず、希望を持っていられますね。

 

実際に、こちらに、小売業から異業種への転職や同業種への条件のよいところへの転職をした例などが記事として紹介されています。

 

こういう例を見れば、けして異業種への転職は無理なわけではなく、可能である事が分かると思います。

トップへ戻る