この家庭でも、インターネットへの接続

最近は、どこの家庭でも、インターネットへの接続へとなっていますが、さらに、高速な光が普及して、家庭内のLAN環境も一般的なりつつあります。

 

接続方法もADSLや光さらには、無線ラン、Wifiなど各種あります。

 

光回線などを設置すれば、PCに接続するまでやってくれるサービスがほとんどですが、それだけ全くの初心者にはわからないことがおおく

 

ネットに接続することは、結構スキルが必要になります。

 

最初は回線業者がやってくれるわけですが、パソコンを買い替えたり、増やしたり、また無線化したりなど、いろいろな時々で接続できなくなったりすることがあります。

民間のIT便利屋さん

そんなとき、PCトラブルとして、民間のIT便利屋さんみたいな存在があると重宝すると思います。

 

そういったときに、このスキルをもっていれば、サポートの仕事ができるでしょうから、独立開業などにもむくでしょう。

 

また回線業者の下請けとしての仕事ももらいやすいと思います。

 

マイクロソフト、NTT-ME、パソナテックの3社が運営している資格ですから、民間の資格と言っても価値は高い資格だと思います。

 

大企業などでは就職にはあまり評価されるような資格ではありませんが、資格としてなくてもスキルとしてはいろいろなところで活躍できるスキルとなると思います。

 

PCトラブル関連のビジネスをするのならば持っていていいと思います。

 

ただし、資格の有効期限は2年間で、受験費用が15750円というのがちょっとネックですね。

トップへ戻る