独立開業への準備

誰でも一度は夢見るのではないかと思う、独立という夢。

 

そのスタートとして自宅仕事から開業を目指したいという人もたくさんいることでしょう。

 

日本は以外にも欧米より独立開業を考える人が多いという調査結果がでています。

 

終身雇用が崩れ、リストラなどへの不安や、新卒で正社員になれないと、一生派遣や契約社員、日雇いバイトなどで終わってしまうという不安ががあるからではないでしょうか

 

独立開業、起業をしたいと思ったときに、まずは、独立に関する一般的な解説書などを読んでみるのもいいでしょう。

 

ただ漠然と考えているだけでは、いつまでたっても、先へすすめないからです。

 

具体的に、何が必要なのかを文字で読むことで、具体的な想像ができるようになるでしょう。

 

人にはそれぞれ、向き不向き、得意不得意がありますから、ある一定の方角からしかみていないと、「無理だ」としか思えないものです。

 

それが角度を変えて見たとき「あっ、出来る」と思えることもあるのです。

 

そして、どれだれの開業資金になるのであろうか、

 

とか、そのための事業融資をうけるためにはどうしたらいいのだろうか・・・

 

など、色々な疑問が持ち上がってくることが、第一歩なのです。

自己資金があることが条件

まずは、独立開業計画を立てて、そのためにどのていどの資金が必要になるのかを考えてみてください作れないという人もいるでしょう。

 

日本政策金融公庫ならば、低金利で、事業ローンを組むことができます。

 

民間のビジネスローンだと、据え置き期間もありませんし、金利も高いので、返済は用意ではありません。

 

もし、本業が終わった後、毎日数時間でも自由に使える時間があるのならば、在宅仕事を見つけて月数万づつでも貯めていくというのもいいでしょう。

 

開業資金を借りるにも、半分は、自己資金があることが条件だったりしますので、全くなしというわけには行かないからです。

トップへ戻る