個人事業開業と確定申告

自宅仕事と確定申告

自宅の仕事は個人事業主にあた

自宅仕事

自宅の仕事は個人事業主にあたる、といっても、いきなり会社設立する必要はありません。

 

個人事業にあたりはしますが、収入が少なければ、不要のままでもいられます。

 

ただし在宅副業レベルであっても、収入が発生すれば、確定申告はしなければなりませんので・・・

 

白色申告や青色申告の知識、個人事業主の確定申告の方法などをまなんでおきましょう。

 

個人事業の場合、法人よりも経理業務は簡単だと思いますが、まったく経理の知識のないひとには、それも困難ですね。

 

経費的な余裕があれば、経理はアウトソージングしたいところですが・・・最初からそうはいかないと思いますので、経理ソフト・・・青色申告ソフトなどをりようするといいかもしれません。

 

ただ300万円未満の収入でしたら、帳簿つけの義務もないので、領収書をとっておくなどの手間だけですむことはすみますが。

1日30分程度の作業でも収入になるの?

自宅の仕事を探していると、ネットではこんな宣伝に出会うと思います。

 

こんなフレーズです「一日○○分の作業だけで○○万円の収入に!」

 

たいてい怪しく感じてしまいますが・・・どうでしょうか?

 

まあ誇大広告につかわれる言葉なので、信じない人がおおいかもしれませんが、毎日30分程度の作業でも、半年、1年の継続をすれば、それなりの効果があるものはないわけではありません。

 

ただもちろんそれなりまスキルのいる作業であったりしますし、それでも1ねん続けて10万円の月収になるかどうかは微妙なところです。

 

例えば、何千というアフィリエイトサイトを作成し、ある程度の被リンクも作れば、1サイトでは少ないアクセスであっても、月10万円程度の収入は不可能な額ではないともいえます 。

 

もちんその作業の内容にもよりますがね。またその程度の作業量では、独立開業の夢まで叶える事は無理な話です

 

一般的なアフィリエイトだと、商品の張り替えなど、作業が大変なので、数千サイトを実際に作れたとしても、更新ができなくなり、ちょっと無理でしょう。

 

ただし楽天アフィリエイトな゛ど、とにかく紹介していない商品でも、90日間クッキーが有効であるとか、張り替え作業がいらないとかいうのでしたら、サイトを作りづけていけば不可能は無いことです。

 

ただ、もちろん、一日30分程度の作業で、1サイトを作るのも困難ですし、それにSEO対策をしていくのも困難です

トップへ戻る