自宅仕事で脱サラすればもっとリスクは低くできます

自宅仕事

脱サラして、独立開業する人がよく利用する方法がラーメン店などの飲食店開業でしょう。

 

飲食店は、だれでもなんとか開業できるビジネスですが、店舗などにお金がかかかりますから

 

失敗したときの損失もかなり大きいものとなります。

 

毎年星の数ほど飲食店が開業していますが、開業数を上回る廃業もあるといわれています。

 

成功者も沢山いるのは、それ何十倍もの破産者がイル可能性を秘めているのです。

 

もっとリスクを小さくして、少ない資金で開業するのならば、そのリスクも減らせるのではないでしょうか。

 

そこで考えてみていただきたいのが、屋台ビジネスからの開業です。

 

いきなり飲食店開業するよりも、ステップアップとして考えた方がリスクはすくないでしょう。

 

でも、自宅仕事で脱サラすればもっとリスクは低くできますよ。

 

資金も少なくて済みますし、いきなり脱サラする前に、ある程度収入のめどを立ててからという事も可能です。

資金調達と融資

自宅で仕事をする場合でも、店舗兼自宅などにするために大きな資金を必要とする場合もありますね。

 

また運転資金が足りなくなると言う場合も出てきて、資金を調達しなければならないという場合もあるでしょう。

 

今年、貸金業法改正で年収の3分の1までしか借りられなくなったというのはご存じでしょうか?

 

基本的に消費者金融などで借りる、消費者のための規制で、多重債務者をこれ以上増やさないためですが・・・

 

事業者の場合、大口ローンなどは、公的な融資をうけている場合がおおいでしょうが、つなぎ融資などは、民間で、しかも銀行以外で借りていることもあったりして、影響が懸念されています。

 

自己資金だけで起業するのが理想ですが、そうもいかない場合、やはり融資を受けての起業ということも考えなければなりませんので、そういう事もしっておいたほうがいいでしょう。

 

かといって、どんな融資でもいいかというと、当然金利が高ければ、事業が軌道に乗らないうちは、かなり大変で、下手をすると返済に追われてしまい、事業どころではなくなってしまうかもしれません。

 

できるだけ低い金利で借りるには、民間の金融機関のビジネスローンではなく、政府系の融資を利用した方がいいどしょう。

 

ただ、それでけ審査が記事敷くなるわけで、ついつい面倒になって、起業後のバラ色の想像だけをして、ついつい借りやすいい処から借りてしまうなんてことにならないようにしてほしいと思います。

 

政府系の金融機関かられないような、独立開業プランであるのならば、初めから考え直した方がいいと思います。

 

起業してからの短期のつなぎ融資などでは、民間金融機関のビジネスローンや無利息キャッシング、ネットキャッシングなど、素早く借りられて便利ですが・・・

 

やはり金利が高いので自分の首を絞めることにもなります。

トップへ戻る